障害福祉サービス事業サポートセンター大阪

障害福祉の事業 ”経営者” の運営業務をお手伝いしています
行政書士西田事務所 が、
         運営しています!

大阪府吹田市昭和町1-1アイワステーションビル2階2B(JR吹田駅前

受付時間:9:00~18:00(土日も事前予約で、ご対応いたします)

お問合せ メール

info@e-teikan.net

お問合せお電話番号はこちら
 

06-6155-8944

お客様の声

お客さまの声

フレンドワーク(守口市)
就労継続支援B型

植田様・・「国保請求や各種変更届、また法人運営など、あらゆる場面で手助けいただいています」

施設長 植田様

法改正時の移行手続き(指定申請)の時から、お世話になっています。

また、申請後に事業所の増築を行った際にも、大阪府への変更届(増床)をお手伝いいただき、その後も各種の変更手続きや基盤整備助成金申請などにご協力いただきました。

現在は、国保連請求事務や、その際の各種加算請求の要件チェックなども、毎月お願いしています。

また、適宜、その時点で取れそうな加算の助言や、要件を満たさなくなた加算の取り下げなど、適切なアドバイスで安心して国保請求ができています。

日々の膨大な事務作業の一翼を担っていただき、とても助かっています。

ハンドビジネスセンター(寝屋川市)
就労継続支援B型

施設長 I 様

小規模通所授産からの移行手続き(指定申請)の時から、西田さんにお世話になっています。

昨年は、社会福祉法人の法人監査の際にも西田さんに同席頂き、行政担当者様からの指摘事項への対応や改善作業にもご協力いただきました。

また、時には授産作業のご紹介などを頂いたりもして、本当に親身になってアドバイスなどしてくれます。

現在は、月1回は作業所に来て、国保請求事務をしてもらっています。

その際には、運営上の疑問点などを聞いて、1つずつアドバイスしてもらいますが、複雑な加算の要件や記録書類の記載方法なども噛み砕いて分かりやすく説明してくれるので、いつも心強く思っています。

 

東大阪わかば(東大阪市)
就労継続支援B型・生活介護

写真は理事長・松岡様

管理者 林 様

障害福祉サービス事業所の運営は、日々悩むことが多く、いつも不安に思っていましたが、行政書士である西田さんが、そのような事業所の悩みに対応してくれると知り、以来、何かにつけサポートして頂いています。

「就労継続支援B型事業」に加えて、新たに「生活介護事業」を追加して多機能事業所とするプランが持ち上がった際にも、手続き一切をお願いしました。

多機能にして経営上の問題が生じないか・・・少なからず不安がありましたが、西田さんには、各事業ごとに「利用者」と「従業者」をどのように割り振るべきかの検討をいくつかのパターンで検証いただき、その上で、各パターンごとの売上(介護・訓練等給付費)の予測シミュレーションまでして頂いたので、安心して新規事業の立上げが出来ました。

その際には、各種の要件を十分に診断した上で、「取っても大丈夫な加算」と「取ってはいけない加算」の見極めもして頂き、とても助かりました。

最近は、NPO法人の定款変更や毎年の事業報告などでも、お手伝いいただいていますし、時には内職作業などの授産作業のご紹介などを頂いたりもして、本当に助かっています。

国保請求事務に関しては自分たちでやっていますが、それでも時々、加算や人員配置などの関係で不安になることもあるため、西田さんには毎月1回は作業所に来てもらって色々なチェックしてもらったり、アドバイスを頂いたりしています。

 

生野障害福祉作業センター(大阪市)
地域活動支援センターⅢ型

施設長 池田 様

 

前任者から社会福祉法人の理事長職を継承するかしないかの微妙な時期に、たまたま法人監査が入り、色々な指摘を受けてしまって困ってしまっていた時に、行政書士の西田さんがそのような場面でもご対応いただけると知り対応をお願いしました。

監査の当初は、行政・ご担当者様からも書類の不備などで何かとお叱りを受けていたところでしたが、専門家である西田さんが入り、きっちりとした対応をしたくれたので、最後は何とか円満に解決ができ、ホッとした思い出があります。

 

ティンカーベル(東大阪市)
就労継続支援B型

施設長 宮本 様

行政書士・西田さんに初めてお願いしたのは、「福祉タクシー(NPO等限定)」の手続きでした。運営協議会での立合いも含め、事前協議や書類作成から申請まで、一貫してお手伝いいただきました。

またある時は、西田さんとの何気ない世間話から思わぬ発見をしたこともありました。取れないものだと勝手に思い込んでいた加算が、西田さんに事情を話したところ取れると知り、すぐに行政担当者にも確認したら、やはり「取れる」とわかったのです。早速申請して、翌月から無事にその加算をがつくことになりました。

以来、何かふと思いついたら、すぐに西田さんに電話してご相談に乗ってもらっています。

西田さんは、障害福祉だけでなく、許認可全般に広い知識を持っているので、突拍子もない私の質問にも、いつも何かしらの“解決策”を提案してくれます。

とても頼りにしています。


 

 

 

㈱とらの子ほーむ(大阪市)
就労継続支援 A型 & B型

代表取締役 藤田 様

開業当初の申請の時は、別の専門家にお願いしていましたが、指定申請自体は完了してもらったものの、加算などに関しては一切とれていない状態でした。

そんな時、知り合いの作業所の方から、障害福祉を専門にしている行政書士がいると紹介を受け、以来、西田さんに顧問として入ってもらっています。

顧問に入ってすぐに、「処遇改善加算」や「目標工賃達成指導員配置加算」などの加算が取れる要件を満たしていることを教えてもらい、早速、申請してもらいました。

また、必要以上に定員を多く設定してしまっていたために単位数が少なくなっていることを指摘いただき、「定員30名」から「定員20名」に変更して、これによってさらに報酬額がアップしました。

その後も「食事提供加算」や「重度者支援体制加算」などの要件を満たした段階で、これらの手続きもしてもらいました。さらに「送迎加算」も追加しましたが、送迎人数などの要件を満たさない月には加算を付けないようにしてくれますので、安心して請求事務を任せています。

また、うちの場合、作業の性質上、夏と冬で繁閑の差があり、利用者さんからも仕事があるときはできるだけ多く稼ぎたいとの希望もあったので、「利用日数特例」の申請をしてもらい、うまく対応してもらいました。

就労継続支援A型事業に係る「特定求職者雇用開発助成金」の申請に関しても、提携する社労士さんをご紹介頂き対応してくれたので、無事に申請出来ました。

当事業所には、無くてはならない“パートナー”です。


 

 

 

お問合せはこちら

メールでのお問合せはこちら

info@e-teikan.net

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6155-8944

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

06-6155-8944

プロフィール

笑顔の行政書士 西田武史

平成5年3月 

  関西大学法学部卒業

  民間企業勤務を経て

平成16年6月

 行政書士西田事務所開業

平成26年6月 

 開業10周年を期にJR吹 田駅前・アイワステーシ ョンビル士業モールに移 転

 

いつも笑顔で対応させて頂いています。困難な状況でも、一緒に笑顔で乗り切りましょう!!